東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

豊島攻め、木村受け 王位戦第3局

立会人の深浦康市九段(右)に封じ手を渡す木村一基九段。右奥は豊島将之王位=8日午後、福岡市で

写真
写真

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑む第六十期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)の第三局が八日午前九時から福岡市の大濠(おおほり)公園能楽堂で指され、午後六時、後手番の木村が五十二手目を封じて一日目を終えた。

 タイトル初防衛を目指す豊島が、初のタイトル獲得を狙う木村に連勝して迎えた第三局。先手番の豊島は相矢倉に誘導し、双方の駒組みが完成していない段階で早くも4五歩(三十三手目)と攻勢を仕掛けた。

 小競り合いの中、木村は銀を繰り出して受ける。銀交換と桂交換の後で、豊島が長考で4五歩(五十一手目)と打ち、木村も時間を使って封じ手となった。

 立会人の深浦康市九段(47)は「両者の棋風通りの展開。今後、豊島王位が攻めを継続できるか、木村九段が受け切れるかが見どころになる」と話した。

写真

 持ち時間各八時間のうち一日目の消費時間は、豊島が四時間、木村が三時間二十三分。二日目の九日は午前九時に再開し、夜までに決着する見通し。

 対局は中日新聞ホームページでも速報している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報