東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

羽根九段が連敗、決着は持ち越し 碁聖戦第4局

 囲碁の許家元碁聖(21)に羽根直樹九段(42)=三重県出身、愛知県長久手市=が挑んでいる第四十四期碁聖戦五番勝負の第四局が九日、名古屋市東区の日本棋院中部総本部で打たれ、午後六時十分、百三十三手までで白番の羽根九段が投了、二勝二敗となった。

 決着は二十三日、東京都千代田区の日本棋院東京本院で行われる最終局に持ち越された。

 タイトル奪取を目前に連敗を喫した羽根九段は「序盤から苦しかった。最終局は精いっぱい、内容のよい碁を打ちたい」と話した。終局後は同本部での大盤解説会に許碁聖と参加。集まった囲碁ファンら約五十人が拍手で健闘をたたえた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報