東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

上野が女性初の準優勝 囲碁・竜星戦、一力に決勝で敗れる

竜星戦決勝で一力遼八段(右)に敗れ、対局を振り返る上野愛咲美女流棋聖=23日、東京都千代田区で(日本棋院提供)

写真

 囲碁の第二十八期竜星戦の決勝が二十三日夜、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、全棋士に参加資格のある一般棋戦で女性として初の決勝に臨んだ上野愛咲美(あさみ)女流棋聖(17)は一力遼(いちりきりょう)八段(22)に敗れ、惜しくも優勝を逃した。一般棋戦での女性棋士の準優勝は史上初の快挙となる。

 一力八段は七大タイトルに五回挑戦している若手強豪。昨年の竜星戦や今年のNHK杯で優勝するなど、持ち時間の短い棋戦が得意な「早碁のスペシャリスト」。黒番の上野女流棋聖は中盤、白番の一力八段の大石を取り切って勝ちを手中にしたかと思われたが、痛恨のミスが出て白石が生き、一力八段が間一髪での勝利を収めた。

 終局後、上野女流棋聖は「間違えちゃいました。でも、ここまで来られたのが奇跡でした」と語った。二連覇となった一力八段は「投了寸前だった。運が良かった」と振り返った。

 囲碁界では、女性棋士も七大タイトル戦のほか、一手三十秒未満(一分単位の考慮時間各十回)で打つ竜星戦などの一般棋戦に参加資格があるが、これまでベスト8が最高成績だった。

 上野女流棋聖は今期、竜星戦決勝トーナメントで、いずれも七大タイトル経験者の高尾紳路(しんじ)九段(42)、村川大介十段(28)、許家元(きょかげん)八段(21)を破り、女性として初めて決勝に駒を進めていた。決勝戦はCS放送で異例の生放送が行われるなど、注目が集まっていた。

◆高校生、豪腕を発揮

 高校生棋士の上野愛咲美女流棋聖は優勝こそ逃したが、囲碁史に大きな足跡を残した。持ち時間の短い早碁が得意で、豪腕ぶりを発揮しトップ棋士を次々と撃破。女流三冠を保持する藤沢里菜女流本因坊と共に女性棋士をけん引する上野女流棋聖の躍進は、女性の上位進出に向けて大きな流れをつくりそうだ。

 快進撃のポイントは一手三十秒未満、一分の考慮時間十回の早碁、という竜星戦の対局方式にあった。持ち時間が長い棋戦と比較して考える時間が極端に短いが、「この方式が得意。内容がいい碁が打てる」と自身は言う。また、積極的な棋風も早碁に向いているようだ。師匠の藤沢一就八段は「早碁でも攻撃の手を緩めない。時間がないので、相手が立て直せず崩れるのかも」と分析する。

 持ち時間の長い棋戦でも一月、藤沢女流本因坊が天元戦本戦で十六強入りするなど女性の活躍が目立つ。藤沢女流本因坊は「女性棋士は全体的にレベルが上がっている」と言う。「囲碁は元々、男女で差がないゲーム。みんな、男性には負けてしまうというイメージがないと思う」

 世界で活躍する女性にも刺激を受けている。韓国の崔精(チェジョン)九段は、世界トップクラスの男性棋士とも互角に渡り合う。日本の女性棋士としては、男性も含めた国内のトップレベルで戦えなければ、崔九段らに対抗できないというわけだ。

 藤沢女流本因坊、上野女流棋聖らトップグループが引っ張り、四月には最年少十歳の仲邑菫初段がプロ入りするなど活気づく女性碁界。今後、国内の七大タイトル戦や国際戦でも躍進が進むか、興味は尽きない。

 (樋口薫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報