東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

豊島攻め、木村受け 王位戦最終局

豊島将之王位(左)が読み上げられた封じ手を指して始まった王位戦第7局の2日目。右は木村一基九段=26日午前、東京都千代田区で

写真

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑む第六十期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)の最終第七局は二十六日午前九時、東京都千代田区の都市センターホテルで再開し、指し継がれた。

 前日の手順の再現後、立会人の塚田泰明九段(54)が豊島の封じ手「7四桂」(七十一手目)を示し、二日目の対局が始まった。

 封じ手は後手の金を狙った攻めの手で、控室の検討でも本命とされていた。

 木村は7六歩(七十二手目)と取り込み、先手の応対を打診。豊島が六十分の長考で6八玉(七十三手目)とすると、木村は7二金(七十四手目)、5二飛(七十六手目)と受けの手を続けた。豊島の攻め、木村の受けという両者の棋風通りの展開になった。

 塚田九段は「現局面は、ほぼ互角。豊島王位の考え込む時間が増えており、有利とみて踏み込んだのに、思ったほどではないと感じているのかもしれない」と解説した。

 ここまでの戦績は両者三勝三敗。豊島が勝てば初のタイトル防衛を果たし、木村が勝てば初タイトルを史上最年長で獲得する。

 同日夜までに決着の見通し。対局は中日新聞ホームページで中継している。

写真
写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報