東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

藤井七段勝ち、2勝1敗に 王将戦挑戦者決定リーグ

 将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)は18日、大阪市の関西将棋会館で指された第69期王将戦挑戦者決定リーグで元竜王の糸谷哲郎八段(31)を破り、通算成績を2勝1敗とした。

 次回は21日、羽生善治九段(49)と対戦する。羽生九段とは昨年2月、朝日杯オープン戦で対局し、藤井七段が勝利。公式戦では2局目となる。最年少タイトル挑戦を目指す藤井七段は「(羽生九段戦について)長い持ち時間での対局は初めてなので楽しみ。力を尽くしたい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報