東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

菫初段、公式戦3連勝

 囲碁の最年少プロ、仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)は二十八日、大阪市の関西棋院で打たれた第七期会津中央病院・女流立葵杯の予選一回戦で田村千明三段(39)を破り、公式戦三連勝とした。

 対局は持ち時間各二時間で打たれ、田村三段の大石を仕留めた仲邑初段が百九十三手で黒番中押し勝ちした。公式戦通算は八勝四敗となった。田村三段は香川県出身で、関西棋院所属。二〇〇三年にプロ入りした。女流本因坊戦で本戦ベスト4進出などの実績がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報