東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

46歳・木村王位「浮かれず精進重ねる」 将棋、最年長初タイトル就位式

王位就位状を手に笑顔を見せる木村一基王位=6日、東京都千代田区で

写真

 将棋の第六十期王位戦(中日新聞社主催)を制した木村一基王位(46)の就位式が六日、東京都千代田区の日比谷松本楼で行われた。

 木村王位は豊島将之前王位(29)を、四勝三敗のフルセットで破り初タイトルを獲得。七度目の挑戦で悲願を達成した。初タイトルが四十六歳三カ月というのはこれまでの最年長記録。丁寧で軽妙な解説にファンも多く、その活躍は「中年の星」とたたえられた。

 日本将棋連盟の佐藤康光会長から就位状を受け取った木村王位は「挑戦権をとれたのは、望外の幸せでした。大変充実した豊島さんが相手なので、四連敗をしないこと、二日目の午後にある大盤解説会の前に勝負が終わっていないことの二つが目標でした」と話して会場の笑いを誘った後、「時代に取り残されるかもしれない年代にありながら、ツイッター上の応援の声や、数年前から取り入れているAI(人工知能)による研究に、むしろ救われた感じがする。次のシリーズが始まるまで浮かれずに精進を重ねたい」と決意を述べ、来場した約二百四十人の関係者から祝福を受けた。

 木村王位には賞金目録のほか、記念品として福岡県東峰村在住で人間国宝の福島善三さんの「中野月白瓷鉋文壺(なかのげっぱくじかんなもんつぼ)」が贈られた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報