東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

将棋ユーチューバー、金星 折田さんプロに、編入試験合格

棋士編入試験5番勝負の第4局で勝利した折田翔吾さん=25日午後、東京都渋谷区の将棋会館で

写真

 「将棋ユーチューバー」として活躍するアマチュア強豪の折田翔吾(おりたしょうご)さん(30)=大阪市=が二十五日、東京都内で行われた棋士編入試験五番勝負の第四局に勝ち、対戦成績三勝一敗で合格した。四月一日付でプロ棋士(四段)となる。通常、プロ棋士となるには、二十六歳までに養成機関「奨励会」で四段に昇段する必要がある。例外の編入試験によるプロ入りは故花村元司九段、瀬川晶司六段(49)、今泉健司四段(46)に続き四人目。

 折田さんは二〇一六年、十二年間所属した奨励会を年齢制限で退会。直後から動画投稿サイト「ユーチューブ」に将棋の動画を配信し、「アゲアゲさん」の愛称でファンを増やしてきた。一方、アマ棋戦で好成績を収めて出場した公式戦で、プロに八割以上の勝率を残し、編入試験の受験資格を獲得。昨年十一月から、若手プロ五人と対局して三勝すれば合格という編入試験に挑んでいた。

 この日は、棋王戦に挑戦中の本田奎(けい)五段(22)と対局。折田さんは積極的に攻めて金星を挙げた。終局後は「信じられない気持ち。視聴者の皆さんの応援に感謝したい」と笑顔で語った。

 プロ入り後も、ユーチューバーの活動は継続予定。「展望もなく始めたが、反響をいただいたことで将棋へのモチベーションにつながったし、生計も立てられた。今後も動画を通して目立ちたい」と意気込んだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報