東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第101回全国高校野球選手権大会・神奈川】

横浜商など3回戦へ

 高校野球神奈川大会は十六日、予定されていた2回戦20試合のうち8試合が雨天のため十七日に順延になり、12試合が行われた。光明相模原や横浜商などが3回戦に進出。十七日は2、3回戦26試合がある。

 十五日は2回戦20試合が実施され、春の関東大会で優勝した東海大相模が10−0で相模原中等教育に七回コールド勝ちした。

 氷取沢−大和は今大会初めてタイブレークで争う延長十三回に突入し、大和が6−5でサヨナラ勝ちした。

  (福浦未乃理)

 

この記事を印刷する

PR情報