東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心 > 核心一覧 > 記事

ここから本文

【核心】

ベルリンの壁崩壊30年 独米 深まる溝 トランプ氏、G7で公式訪問まだ

 【ベルリン=近藤晶】東西冷戦の象徴だった「ベルリンの壁」が崩壊して九日で三十年がたった。冷戦時代、米国は西側のリーダーとしてドイツを支え、東西統一後は安定した同盟関係を築いてきた。しかし、米国第一を掲げるトランプ大統領の就任後、関係は様変わり。冷え込む米独関係は歴史的な記念日にも影を落としている。

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報