東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心 > 核心一覧 > 記事

ここから本文

【核心】

天皇制の意味 問い直す時 14日から大嘗祭 社会学者・大澤真幸氏に聞く

 天皇陛下が14日から、代替わりに伴う重要な祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」に臨まれる。皇位継承は126代に及ぶとされるが、天皇とはいかなる存在かを明確に語れる人は、どれだけいるのだろうか。天皇制にちなむ論考を多数発表してきた社会学者の大澤真幸氏(61)に、天皇制と日本社会について聞いた。 (聞き手・関口克己)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報