東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心 > 核心一覧 > 記事

ここから本文

【核心】

逃げる首相 膨らむ疑問 事務所が募集 答弁矛盾

 「私物化」との批判が噴出した安倍晋三首相主催の「桜を見る会」。政府は八日に国会で問題が指摘されてから五日後に、来年の開催中止を決めた。政府与党内からも、第二次安倍政権以降、招待客が膨れ上がったことなどに「行き過ぎだ」との声が広がり、逃げ切りを図った。だが税金を使った催しに、数百人の地元支持者を「招待」したのは適法なのか。首相答弁に矛盾があるのではないか。国民の疑問は膨らむばかりだ。 (大野暢子、上野実輝彦)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報