東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

女性起業家のリアル伝える 鎌倉・湘南エリアで28日、初イベント

かまフル祭のちらしを手に、来場を呼び掛ける伊藤さん=鎌倉市で

写真

 鎌倉・湘南地域で暮らす女性起業家の会「かまフル」が二十八日、初のイベント「かまフル祭」を鎌倉市由比ガ浜二の「garden&spaceくるくる」で開く。展示販売やワークショップなどを通して会員の仕事や働き方を知ってもらい、起業や同地域への移住を考えている人の後押しになればと企画した。 (北爪三記)

 二〇一五年に発足した会は現在、三十〜六十代の約三十人で構成。職業は薬剤師、写真家、カフェ経営、料理教室主宰、パーソナルトレーナーなど多彩だ。

 毎月、先輩事業者などを招く勉強会や、プレゼンなどをする定例会を開き、情報と悩みを共有する。

 「鎌倉で働く三十三人の女性のリアル」と副題を付けた今回のイベントでは、会員の仕事に触れる体験ブースや起業の相談窓口を設ける。実行委員長の伊藤直子さん(47)は「起業というと難しそうと思われるかもしれないが、実際の姿を見てもらえたら。男女問わず気軽に参加してほしい」と呼び掛ける。

 午前十時〜午後四時で入場無料。ゲストの牧田知江子・井上蒲鉾店社長が「女性が家業を継ぐということ」(午前十一時)、山内正恵・鎌倉薬膳アカデミー学院長が「万病のもと冷え対策を薬膳で」(午後三時)と題して話すスペシャルトークショーは、それぞれ当日先着二十五人。問い合わせは実行委=メールinfo@kamakurafruits.com=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報