東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

みんなでつくる学校新聞 第44回市立中学校新聞コンクール

コンクールで最優秀賞などを受賞した生徒の皆さん=多摩区で

写真

  「第五十一回川崎市中学校連合文化祭 学校新聞部会 新聞係の集い」が二十四日、川崎市多摩区の市立稲田中学校であり、「第四十四回市立中学校新聞コンクール」で優秀な学級・学校新聞を製作した生徒への表彰式が行われた。学級新聞は今井中(中原区)三年四組の「とまと」、学校新聞は枡形中(多摩区)の「PEARS」が最優秀賞を受賞した。(小原健一)

 昨年度新設された東京新聞賞は今井中三年二組の「かぐやひめ」、西中原中(中原区)二年十組「ぐんぐん」、東高津中(高津区)一年五組の「たまて箱」、白鳥中(麻生区)の「白鳥日和」が、それぞれ選ばれた。

 学校新聞部会は、学級新聞・学校新聞作りを通して、生徒のさまざまな自主的活動の促進を狙っている。コンクールには四十四校から学級新聞百九十三点、学校新聞七点の計二百点の応募があった。

 この日の集いは五十二校の約二百人が出席。市総合教育センターの中野正明指導主事が審査講評を行い、最優秀賞の学級新聞とまとについて「見出しが読み手を引き付け、わくわく感を与える内容になっている」、学校新聞PEARSは「継続的に発行され、校内の情報を配信する新聞になっている」などと評価した。

 とまとを製作した今井中三年四組が実践報告を行った。代表で壇上にあがった大岡知暉さんは「新聞の今井中の伝統が途絶えないよう、先輩から引き継いだ物や学んだことを後輩に託したい」と話した。

 ◇学級新聞の部

 【3年生】最優秀賞 今井4組▽優秀賞 白鳥2組▽優良賞 今井1組、野川1組▽佳作 南加瀬1組、枡形2組・4組、白鳥4組▽努力賞 大師F組、中原3組、宮崎3組、野川4組、枡形3組、はるひ野2組・3組▽東京新聞賞 今井2組

 【2年生】優秀賞 白鳥6組▽優良賞 今井2組、白鳥3組▽佳作 今井3組、野川1組、白鳥4組▽努力賞 橘1組、宮崎4組、野川7組、中野島1組、南菅1組▽東京新聞賞 西中原10組

 【1年生】優秀賞 宮崎1組▽優良賞 西中原7組、枡形4組▽佳作 大師F組、はるひ野4組▽努力賞 菅生4組、南菅3組、生田1組▽東京新聞賞 東高津5組

 ◇学校新聞の部

 最優秀賞 枡形▽優秀賞 菅生▽優良賞 生田▽佳作 今井▽努力賞 宮内、稲田▽東京新聞賞 白鳥

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報