東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

今年は青摘み「香り良く、さわやか」 伊勢原小売酒商組合 ミカンリキュール第2弾

青摘みミカンの果汁を使ったリキュール(伊勢原市提供)

写真

 伊勢原市の伊勢原小売酒商(こうりさけしょう)組合が、地元産の青摘みミカンの果汁を使ったリキュールを企画し、市内23カ所の酒店で販売している。限定500本。

 同組合によると、初夏に採れた品種「早生(わせ)」や「藤中(ふじなか)」などが原材料で「香りが良く、さわやかな味」が特徴。冷やしてストレートで、ロックやソーダ割りでも楽しめる。

 同組合は昨年、完熟ミカンを使った甘くジューシーなリキュールを販売。味わいを変えた第2弾となる。

 1本500ミリリットル、1200円(税別)。問い合わせは、同組合=電0463(94)3438=へ。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報