東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

第二のSHISHAMOを 川崎JC、4日に高校生バンド王決定戦

川崎市の市民文化大使に選ばれ、昨年12月5日、記念撮影に応じる「SHISHAMO」の3人。左は福田紀彦市長=市役所で

写真

 川崎青年会議所(川崎JC)は四日、川崎市内の高校生を対象にした「バンド王決定戦」を初めて開催する。カルッツかわさき(川崎区富士見)で行う決定戦には八組が出場。市内の高校在学中に結成されたロックバンド「SHISHAMO」の活躍に着目し、「川崎の代表として未来を担う『第二のSHISHAMO』を輩出したい」と意気込んでいる。(石川修巳)

 「『音楽のまち・かわさき』を若い世代にも発信するため、高校生バンドを発掘したい」。初代の「バンド王」決定に向け、川崎JCの今井秀太さん(33)はそう説明する。

 市内の公私立高校二十五校の軽音楽部などに参加を呼びかけ、約十五校が応募。オーディションではバンドの表現力や独自性などの審査に加え、川崎への愛着も尋ねたという。

 その結果、県立川崎工科、県立川崎、市立川崎総合科学、県立生田東、市立幸の五高校から計八組の出場が決まった。

 四日の決定戦では、それぞれ八分間以内で一曲ずつ演奏する。バンドごとに会員制交流サイト(SNS)の「いいね」やリツイートなどの数を調べ、発信力や訴求力も審査項目に加えて、順位を決定するという。

 最優秀賞には、ライブハウス「溝ノ口劇場」(高津区)の一日利用券など三十万円相当の賞品を贈呈。優秀賞には十五万円相当、川崎JC賞には五万円相当の賞品をそれぞれ贈る。今井さんは「高校生バンドの登竜門のような場になれば」と話している。

 決定戦は四日午後三〜五時半。観覧無料。ヤマハ音楽教室とも連携し、さまざまな楽器に触れられるイベントも行うという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報