東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

クラブ創立50周年アートになったベルマーレ 4日まで平塚市美術館で展示会

ベルマーレカラーの緑と青にライトアップされた噴水=平塚市で

写真

 サッカーJ1の湘南ベルマーレは2日から平塚市美術館(西八幡1)の市民アートギャラリーで、クラブ創立50周年を記念したアート作品の展示会を開く。先月末に初優勝した「YBCルヴァン・カップ」の戦いぶりを追った写真も飾り、優勝トロフィーを一般公開する。4日まで。

 展示するのは、20年以上、クラブと交流がある市地域作業所連絡会の障害者福祉施設利用者らが「ボール(球)」やベルマーレをイメージして制作した絵画、オブジェなど。4日には市内の福祉施設「スタジオクーカ」の清水壮一郎さんがペイントを実演し、来場者と一緒に作品を作る。展示会の企画はアーティスト日比野克彦さんのアドバイスを受けたという。

 市もルヴァン・カップ優勝を祝い4日まで、JR平塚駅南口広場の噴水を日没〜午後10時にベルマーレカラーの緑と青にライトアップする。

 展示会は入場無料。問い合わせは同美術館=電0463(35)2111=へ。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報