東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

聖火の前で誓い新た 「笑顔で接する看護師に」 横浜でセレモニー

手に持ったろうそくに火を移す1年生=横浜市港北区で

写真

 横浜市港北区の横浜実践看護専門学校で9日、病院での実習を前に1年生が決意を新たにする「ナーシングセレモニー」が行われ、男性6人を含む74人が理想の看護師となるため成長を誓った。昨年までは「戴帽式」だったが、医療現場でナースキャップが使われなくなっていることなどから名称と内容を改めた。

 セレモニーではナイチンゲール像のろうそくに聖火がともされ、1年生が順々に手に持ったろうそくに火を移した。全員で声を合わせて「患者さんの思いに寄り添い、笑顔で接する看護師を目指します」と誓うと、持尾聡一郎校長は「優しさと思いやりを忘れず、実り多い実習になることを期待する」と激励した。

 式典を終え、入沢優さん(19)は「しっかり練習をして実習に臨みたい」と話した。 (加藤益丈)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報