東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「キリンビール前駅」再び 記念撮影スポット、横浜工場内に再現

写真

 キリンビール横浜工場(横浜市鶴見区)の最寄り駅として、一九三二〜四九年に存在した京急線「キリンビール前駅」が記念撮影スポットとして「復活」した。工場の見学者用の待合スペースに十二月十六日まで、現代風にアレンジした駅名板、ホームを模した屋根と床、ベンチが置かれ、大勢の人でにぎわっている。

 キリンの前身会社は一八八五年、海外の船員向けにビールを製造するため、同市中区の山手地区に設立された。一九二三年の関東大震災で倒壊し、二六年に現在地に移転。同駅は数千人の従業員が通勤に使い、四四年に「キリン駅」に改称後、休止期間を経て廃止された。「横浜発祥の会社であり、社名を関した駅もあったことを知ってほしい」(キリン広報担当者)と、京急と共同で設置した。

 期間中、京急川崎や生麦、上大岡など七駅で入手できるシールを同工場に持っていくと、バッグなどの景品がもらえるイベントも開いている。問い合わせは京急ステーションコマース=電03(6408)5484=へ。 (志村彰太)

「キリンビール前」の駅名板を掲げた撮影スポット=横浜市鶴見区で

写真

1926年当時のキリンビール横浜工場。手前は京急線の線路=キリンビール提供

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報