東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA ベイ2軍拠点の名称 「若手、羽ばたけ」願い込め

ベイスターズ2軍拠点の完成イメージ図(同球団提供)

写真

 横須賀市と横浜DeNAベイスターズは十九日、同市の追浜公園内に整備している二軍の拠点の名称を「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」に決めたと発表した。公園内では現在、同市長浦町から移転する選手寮や屋外・屋内練習場の建設が進み、来夏の供用開始を予定している。

 名称のDOCK(ドック)は船を建造する施設を意味し、造船の地として知られる横須賀から「若手が大海原へ羽ばたいてほしい」との願いを込めた。二軍の本拠地「横須賀スタジアム」がある追浜公園内への関連施設の集約は一昨年の発表当初、来シーズン前に完了する予定だったが、市が整備する屋外練習場の入札の不調などで完成がずれこんだ。

 また、市は同日、球団と京急電鉄との連携協定を結んだ。三者が継続的に協力し、地域の活性化とともにベイスターズと京急ファンの増加を目指す。その一環として、追浜駅では同日から駅内のメロディーを球団歌「熱き星たちよ」に変更。さらに、筒香嘉智選手やラミレス監督らの写真入りの駅名板を設置した。

 上地克明市長は「三位一体となって追浜を盛り上げていきたい」と意気込んだ。 (福田真悟)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報