東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

食を充実 きょうリニューアルオープン ラゾーナ1階 31店、新規出店

29日のリニューアルオープンを控え、内覧会が開かれたラゾーナ川崎プラザ1階「グラン・フード」=幸区で

写真

 川崎駅西口の大型商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」(川崎市幸区)で29日、1階の食物販ゾーン「グラン・フード」がリニューアルオープンする。菓子や総菜などの全86店舗のうち、約3分の1に当たる31店舗が新規出店になる。

 ラゾーナ川崎プラザによると、豆を使ったスイーツブランド「feve」(フェーヴ)や和菓子の鎌倉紅谷(べにや)、総菜の「天ぷら喜久や」など、新規31店舗のうち約6割が県内または川崎市内の出店は初めて。

 全面改装したグラン・フードは約3000平方メートル。改装前よりも通路幅をやや広げて最大約2.7メートルにしたほか、隣接するフードコートなどとも行き来しやすいようにしたという。

 28日には、報道関係者などを対象に先行内覧会を実施。施設を運営する三井不動産グループの担当者は「家族で過ごすシーンや、新たな食の提案をしていきたい」と語った。 (石川修巳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報