東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

中高生3人、更なる飛躍誓う 全日本ジュニア空手 横浜市役所で成果報告

小林副市長(右)に結果を報告した(左から)平川さん、福田さん、田中さん=横浜市役所で

写真

 幕張メッセ(千葉市美浜区)で10月に開かれた「JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」で好成績を収めた横浜市の学校に通う中高生3人が29日、市役所を訪れ、小林一美副市長に成果を報告した。

 高校男子60キロ未満の部で優勝した日大高2年の福田汐音(しおん)さん(17)=青葉区=はそれまで勝ったことがなかった相手を破り、初の全国大会制覇。MVPに当たる文部科学大臣賞にも輝いた。「優勝したい思いが強かった。勝てて良かった」と喜んだ。

 中川西中2年の平川翔太さん(14)=同=は8月に中国であった国際大会を制した自信を胸に臨んだが、中学2〜3年男子47キロ未満の部でベスト8に終わった。「相性の悪い相手と当たり苦戦した。勉強を頑張りながらまた全国で戦いたい」と誓った。

 中学1年男子52キロ未満の部で3位だった聖光学院中1年の田中基貴さん(13)=東京都中央区=は「悔しさと手応えを感じた。来年は優勝したい」と語った。 (加藤益丈)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報