東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

動物たちへの年賀状コンクール 夢見ケ崎動物公園が作品募る

夢見ケ崎動物公園が前年度に実施したコンクールの入賞作品の一部。金賞は中央上段の作品

写真

 年中無休で開園している川崎市幸区の夢見ケ崎動物公園は、お気に入りの動物たちに宛てた「年賀状コンクール」の作品を募集する。募集期間は来年一月一〜七日(必着)。「新年もよろしく」などのメッセージやイラストとともに、動物たちへの愛着を表現してもらう狙いだ。

 このコンクールは十六回目。応募作品の中から金賞、銀賞を一点ずつ、銅賞十点を選んで賞品を贈るほか、すべての応募作品を公園事務所に展示する。今年一月の応募数は五十二点だった。

 市によると、夢見ケ崎動物公園にいる動物は五十七種類、二百九十四匹。年中無休で開園(午前九時〜午後四時)しており、入園無料。ちなみに二〇一九年の干支(えと)、イノシシは飼育・展示していないという。

 入賞者には、夢見ケ崎動物公園にいる動物のイラストを使って、地元の日吉商店街連合会が作成したキーホルダーを贈呈。ほかに、金賞には動物病院、餌の調理場などのバックヤード招待券、銀賞にはシマウマの餌づくり・餌やり体験招待券も贈られる。

 はがき裏面に作品、表面に作者の住所、氏名を記入し、〒212 0055 川崎市幸区南加瀬一の二の一、夢見ケ崎動物公園「年賀状コンクール」宛てに送る。詳しくは、同公園ホームページへ。 (石川修巳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報