東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

早咲き菜の花 一足早く春気分 二宮町・吾妻山公園で見ごろ

見ごろを迎えている菜の花=二宮町で

写真

 二宮町の吾妻山公園で、早咲きの菜の花が盛りを迎えている。黄色のじゅうたんが一面に広がり、日の光を浴びて輝く。一足早い春の気分を楽しめ、カメラなどで撮影する来訪者でにぎわっている。

 公園は標高136メートルの小高い山の上にあり、眼下に相模湾を望む。周囲の山々を間近に感じられ、雲がない日は菜の花の向こうに雪化粧した富士山を眺められる。菜の花は6万株あり、2月まで咲き続ける。

 鎌倉市の石渡明美さん(72)は16日、初めて公園まで登り、菜の花を観賞した。「きれいと聞いていたけど、ほんとうに素晴らしい。お弁当もおいしく食べられた。また来ます」と満面に笑みを浮かべた。

 恒例行事「菜の花ウォッチング」(町観光協会主催)を2月17日まで、公園を中心に町内各所で開催中。地場産品の販売や雛(ひな)のつるし飾り展などのイベントを各週末を中心に催す。期間中は、記念品がもらえるスタンプラリーや、集めた飲食店のレシートを応募すると宿泊券やレジャー施設の利用券などが当たるレシートラリーもある。最寄り駅はJR二宮駅。問い合わせは、町観光協会=電0463(73)1208=へ。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報