東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

市がフレックスタイム導入 柔軟な働き方選んで 新年度から本格導入へ

 働き方改革の一環として、横浜市は新年度から、企業局を除く一般職の職員を対象に、時差出勤と一定の制限を付けたフレックスタイム制を導入する。子育てや介護をする職員が増えており、柔軟な働き方を選べるよう、条例改正して制度化に踏み切る。 (加藤益丈)

 対象は勤務時間が午前八時半〜午後五時十五分の常勤職員。労働時間を二、三時間長くした日の代わりに別の日を同じだけ短くするフレックスタイム制のほか、勤務開始を午前七〜十時の間から選べる時差出勤を認める。夜間にやむを得ない業務がある場合、勤務開始を午後零時十五分まで遅らせられる。

 市民サービスの低下を防ぐため、課長ら職場の責任者が利用を決める仕組みとし、利用は月五回まで。ただし、子育てや介護目的の場合は、勤務開始を午前八〜九時にする時差出勤を何回でも使える。

 市は二〇一七年度、一部の職場で期間限定で試行し、一八年度は対象を広げて通年で試験実施している。昨年九月の職員アンケートでは、利用者の96%、利用していない人の64%が「導入すべきだ」「導入した方が良い」と回答した。利用者の同僚や上司の九割以上は「業務に問題なかった」と答えている。

 林文子市長は「子育てや介護などの事情を抱える職員が増えている。行政サービスは低下させないが、ライフスタイルに応じて働けるよう制度を使いこなしてほしい」と話した。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報