東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

三浦半島夕日スポット どこの写真がいい? 初の「グランプリ」開催 投票しよう 

逗子市の大崎公園

写真

 鎌倉、逗子、横須賀、三浦市と葉山町、県などでつくる「三浦半島観光連絡協議会」は、初の「三浦半島夕日グランプリ」を開催している。5市町の観光担当者らが選んだ夕日の絶景スポット計10カ所の写真をホームページ(HP)で紹介、17日まで投票を呼び掛けている。

 三浦半島の観光活性化を目指す協議会は、半島の特色として県内で唯一、西海岸がある点に着目。夕日がきれいな場所を各自治体から2カ所ずつ選出した。候補となっている10カ所は、横須賀市の立石公園と野比海岸、葉山町の森戸海岸とあじさい公園、鎌倉市の由比ケ浜と稲村ケ崎、逗子市の逗子海岸と大崎公園、三浦市の諸磯湾と城ケ島。

 投票でベスト3を決め、今月下旬に発表する。投票した人の中から抽選で、サンセットクルーズ券などをプレゼントする。県の担当者は「夕日を通して三浦半島の魅力を知ってもらい、ぜひ現地を訪ねてもらえたら」と期待する。

 投票や詳細はHP(「LAUMI(ラウミ)」で検索)で。 (北爪三記)

三浦市の城ケ島(いずれも三浦半島観光連絡協議会提供)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報