東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

早春の里山でクラフト作り 24日、高石ふれあいの森

昨年の体験会で里山を散策する親子連れ=麻生区で(高石みどりの会提供)

写真

 ドングリや竹を使ったクラフト作りなどが体験できるイベントが二十四日、川崎市麻生区の高石特別緑地保全地区(高石ふれあいの森)で開かれる。 (安田栄治)

 森の保全活動をしている高石みどりの会が主催。早春の木々の香りを楽しみながら、眺めの良い里山を散策。その後、クラフト作りの教室が開かれ、希望者はのこぎりを使った間伐体験もできるという。

 森は住宅街にあり、普段は入れないが、緑地保全活動日はだれもが散策などを楽しめる。

 高石ふれあいの森の住所は麻生区高石五の二。小田急線百合ケ丘駅南口より徒歩十二分。開催は午前十時〜正午で現地集合。参加費(材料費など)五百円(小学生以下二百円)。小雨決行。参加希望者は二十二日までに申し込む。

 問い合わせ、申し込みは、高石みどりの会=電044(712)3088=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報