東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

厚木市長選「実績が多選批判上回る」 小林さん、接戦制し4選

当選確実となり、妻裕美さん(右)と共に支援者の歓声に応じる小林さん=厚木市で

写真

 無所属三人の争いとなった厚木市長選は十七日に投開票され、現職の小林常良さん(69)が、共に新人で元市議長の石射正英さん(65)=自民推薦=、元県議の佐藤知一さん(49)=神奈川ネット推薦=を破り、四選を果たした。 (曽田晋太郎)

 同日午後十一時すぎ、大勢の支援者が集まった中町の事務所に当選確実の報が伝わると、張り詰めていた空気が一転、拍手と歓声に変わった。小林さんは、選対幹部や駆け付けた周辺市町村の首長らと抱き合って喜びを共有し、「市民の良識ある判断をいただいた」と笑顔を見せた。

 市長任期を連続三期までとする努力義務条例をつくりながら四選出馬した自身の「多選」の是非が主な争点となる中、批判の受け皿が二分したことも有利に働いた。小林さんは「十二年の実績や成果を認めてもらい、それが批判を上回った。一層身を引き締め、責任と覚悟を持って政策を進めるのが使命」と語った。

 選挙戦では、四期目を「まちづくりの総仕上げ」と位置付けた。十八日の記者会見では「まずは四年間、一生懸命やるだけ。次のことは考えていない」とし、条例の扱いは「(廃止なども含めて)これから考える」と述べるにとどめた。 

◆確定得票 

当 28,712 小林常良 無 現<4>

  25,179 石射正英 無 新 

  20,241 佐藤知一 無 新 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報