東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

幻想的な工場夜景カードに 23日から無料配布全国11市連携

川崎市の工場夜景カード。写真は川崎区水江町の製油所からの眺め

写真

 川崎市は、観光資源として工場地帯の夜景の魅力を発信する「工場夜景カード」を新たに作成し、二十三日から配布を始める。川崎区水江町の製油所からの眺めとともに、夜景の見どころや主な観賞場所などを紹介している。

 京浜工業地帯の中心にある川崎市は、いわば「工場夜景発祥の地」。工場が集まる七つの島と、それらを取り囲む十六の運河の中で、幻想的な夜景が生み出されている。陸から眺めるバスツアーや屋形船クルーズも人気という。

 工場夜景で地域の活性化を目指す都市で、全国工場夜景都市協議会も結成。川崎市を含め、千葉市や北海道室蘭市、北九州市など計十一市が加盟しており、各都市を周遊してもらおうと、都市ごとに十一種類の工場夜景カードを初めて制作した。

 カードの大きさは縦六・三センチ、横八・八センチ。川崎市版は二十三日午前九時から、JR川崎駅北口通路の「かわさき きたテラス」内の観光案内所で、先着千人に無料で配られる(一人一枚)。

 二十三日は「工場夜景の日」。川崎市内で八年前の二月二十三日、第一回の全国工場夜景サミットが開かれたことにちなんで、記念日として制定されたという。 (石川修巳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報