東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

EBINAダンス見て 海老名市がPR動画を発信

EBINAダンスの動画の一場面=海老名市で(同市提供)

写真

 ダンスでまちをPRしようと、海老名市はダンスボーカルユニット「DA PUMP(ダパンプ)」のメンバーKENZOさん(34)が振り付けた「EBINAダンス」の動画(約4分)を、市ホームページや、フェイスブックなどの会員制交流サイト(SNS)で配信している。

 「神奈川のど真ん中」「キラキラ光るビルと広がる緑」など海老名を表現した歌詞に合わせ、市内の保育園児〜60代の男女85人がゆったりと両手足を動かして踊る。市役所や海老名駅周辺はじめ10カ所で撮影した。

 市は2021年の市制施行50周年に向け、市民の一体感醸成と市の知名度向上を目的にダンスを制作。市内でダンススクールを運営するKENZOさんに振り付けを依頼した。制作費は約50万円。

 今後、市主催のイベントで紹介するほか、新年度には高齢者らも踊れるような易しい動きの振り付けを考える。市の担当者は「ダンスを通じて海老名が盛り上がってほしい」と話す。 (曽田晋太郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報