東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「重い」ワカメをゲット 横浜・金沢漁港 海産物フェスタ

写真

 地元産の海産物をアピールする「金沢漁港海産物フェスタ」が二十四日、横浜市金沢区の同漁港で開かれた。約四十のブースには新鮮な魚や貝のほか、名産のアサリご飯などの加工品が並び、収穫したばかりのワカメや生のりのつかみ取り体験には多くの人が詰め掛けた=写真。

 ワカメ養殖が終盤となるこの時期に市漁業協同組合金沢支所が毎年開き、今年で七回目。今年は海水温が高くワカメは不作で、つかみ取りは四百人限定となった。参加者は「重い」「うまく取れない」などと言いながらも大きく育った立派なワカメを両手で持ち上げると笑顔になり、用意した袋に入れていた。

 網に付いた生のりをむしって取る催しは、大人から子どもまでが参加し、容器からはみ出すくらい詰め込んだ。家族六人で参加した同市南区の池田啓子さん(59)は「地元でこういう体験ができるのはうれしい。みそ汁に入れて食べます」と話した。 (加藤益丈)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報