東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

街の将来を「カフェ」で語ろう 来月9日、川崎市内外から参加者募集

会場は大山街道沿いにあり、落ち着いたカフェのような雰囲気のnokutica(いずれも高津区まちづくり推進部企画課提供)

写真

 住んでいる街の将来について気軽に意見交換しようというイベントが三月九日、川崎市高津区のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」で開かれる。区まちづくり推進部企画課が主催し、市内外から参加者(定員二十人)を募集している。

「まちづくりカフェたかつ」のイベントを伝えるポスター

写真

 イベント名は「まちづくりカフェたかつ」、カフェのような気軽な雰囲気の中で、参加者の交流を図りたいという。「NPO法人 大森まちづくりカフェ」(東京都大田区)の理事を招き、情報誌の制作・発行や、街歩きイベントなど活動内容を話してもらう。その後、参加者全員で意見交換を行う。

 区の担当者は「地域の人々の横のつながりができれば、新たな発見につながります。それによって何かが始まることを期待しています。気軽に参加してほしい」と呼び掛けている。

 開催は午後三時〜五時。入場無料。参加は事前申し込みで先着順。申し込み、問い合わせは高津区まちづくり推進部企画課=電044(861)3131=へ。 (安田栄治)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報