東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

謎解き→九つの個室で映画 短編専門の後継施設 きょう横浜にオープン

個室が並ぶ施設の内部=横浜市西区で(ストーリーホテル提供)

写真

 俳優の別所哲也さんが代表を務め、一昨年末に惜しまれつつ閉館した短編専門映画館「ブリリア・ショートショートシアター」(横浜市西区)の後継施設「THE STORY HOTEL(ストーリーホテル)」が15日、オープンする。同日開業の遊戯施設「アソビル」(同区)内にあり、「体験する映画」を提供するという。

 ストーリーホテルでは、受付でもらう架空の人物からの「手紙」に書かれた指示に従い、謎解きをしながら1〜2分と5〜15分の作品をそれぞれ別の個室で視聴する。途中、役者が務めるスタッフによる驚きの演出もあり、最後に映画の名ぜりふが印刷されたカードを記念の土産として受け取る。

 個室は九つあり、それぞれ異なる作品を上映。夏はホラー作品を特集するなど定期的に更新し、何回来ても楽しめるようにする、という。利用料は1人1800円、ペア3000円。

 「ブリリア・ショートショートシアター」を運営していた「ビジュアルボイス」の担当者が「長年お世話になった横浜と引き続き関わりたい」と思っていたところ、旧知の仲だったアソビルの担当者と「短編映画の新しい楽しみ方を提案したい」との方針が一致し、入居が決まった。

 横浜駅東口直結のアソビルは、閉鎖していた横浜中央郵便局別館(地上4階、地下1階)を改装して使用。陶芸や溶接などの物作りを体験する「モノトリー」、スポーツ教室、ビリヤードとダーツができるバーなどがある。詳細はホームページで。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報