東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

音楽好きな友 集結!! 来月12日、元住吉で初フェス

元住吉ミュージック・フェスティバル実行委員長の塚田さん(右)と副委員長の牧野さん=中原区の音友ハウスで

写真

 川崎市中原区の東急東横線・目黒線元住吉駅周辺で音楽活動をしている愛好家、ミュージシャンでつくる「音楽好きな友の会」(音友会)は4月12日、「元住吉ミュージック・フェスティバル」を市国際交流センター(木月祇園町)のホールで開く。地元の町内会や商店街なども後押しする初めての企画で、誰でも、気軽に音楽を楽しめる地域おこしが狙いだ。 (石川修巳)

 このイベントには、元住吉にゆかりのある十組が出演。「ジャンルを問わない音楽祭」として午後四時から四時間半、ピアノと歌をバックにした声優の朗読、ボサノバの弾き語り、ジャズ演奏などが繰り広げられる。

 皮切りは、元住吉にある建築設計事務所で働く女性グループ「AKIS48」。子育て真っ最中の母親も参加しており、ポップスアンサンブルを披露する。ほかに、元住吉で音楽教室を開いている永瀬晋さんら講師陣も、トリオを組んで演奏する。

 主催の音友会は、音楽による地域交流を目指して二〇一四年に発足。駅近くの音友ハウスを拠点に、ライブやジャズのレコード鑑賞会などを開いてきた。

 フェスティバル実行委員会の副委員長で、シンガー・ソングライターの牧野公美さん(36)は「音楽は難しいものでも、特別なものでもない。気軽に楽しめる地域として発信していく入り口にしたい」と説明。

 委員長の塚田親一さん(72)は、地域資源として中原平和公園内にある野外音楽堂の活用も視野に「今後も年一回程度開催していきたい」と話している。入場無料。途中入場もできる。詳しくは「音楽好きな友の会」公式サイトへ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報