東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<統一地方選>現新4人、継続か刷新か 相模原市長選告示

立候補者の訴えを聞く有権者ら=相模原市で

写真

◆有権者の声

 相模原市長選は24日、告示され、いずれも無所属で、共に新人の元衆院議員本村賢太郎さん(48)、元市議宮崎雄一郎さん(52)、4選を狙う現職の加山俊夫さん(74)、新人の元県議八木大二郎さん(55)の4人が立候補を届け出た。現市政の継続の是非を主な争点に、4月7日の投開票に向けて舌戦がスタートした。

 有権者は市政に何を求めるのか。南区の造園業佐藤雅人さん(59)は「街路樹の枝が伸びて電線にかかったままだったり、公園の植物が手入れされずに放置されていたり、緑にかける予算が少ない」と指摘。「リニアの新駅開業など大きな話はあるが、市内の業者が受注できる仕事は少ない」とも述べ、地元が潤う政策を望んだ。

 緑区の主婦江成房子さんは、子どもの学力低下を心配する。同市では本年度、中学三年と小学六年が対象の全国学力テストで正答率が平均を下回った。「何かにつけて無償化にする政策は耳障りが良いが、教育は質が大切」

 中央区のパート中谷春美さん(54)は、米軍相模総合補給廠の返還地利用について「近くに図書館がないので、市民が憩える場として整備してもらえたらうれしい」と話した。 (曽田晋太郎、鈴木弘人)

<立候補者の第一声>

(届け出順)

◆本村賢太郎(もとむら・けんたろう)さん(48)無新

 顔が見える市長目指す

 中央区の選挙事務所で第一声を上げた本村さんは、県議や衆院議員などを務めた自身の経歴に触れ「これまでの経験を全てぶつけ、七十二万市民の先頭に立って、開かれた相模原市を実現していきたい」と語った。

 第一に「顔が見える市長を目指す」と訴え、市長室の扉を無くし、いつでも市民が会える環境を整えると約束。市民との対話を重視する姿勢を示した。

 続いて、米軍相模総合補給廠の返還地の活用法を例に「大型開発を進める前に、私たちがやらなければならないことは、子育てや教育、シニア世代の医療、介護の支援だ」と強調。「住みやすく、人々に選んでもらえる街をつくる」と決意を述べた。

 また、「開かれた市政を形にするため、どの政党、団体からも推薦を受けていない」と説明し、「世代交代を進める」と誓った。 (曽田晋太郎)

<略歴>(元)衆院議員・県議・衆院議員秘書▽青山学院大

◆宮崎雄一郎(みやざき・ゆういちろう)さん(52)無新

 日航再建の経験生かす

 宮崎さんは中央区の相模原駅前で第一声に臨み、行財政改革の必要性を重点的に訴えた。「市議を四年務め、こんなに財政が厳しいとは思わなかった。多額の借金を抱えながら、大きな事業やハコモノをやろうとしている」と現市政を批判した。

 在職中に経営破綻した日本航空を例に「市も当時の日航と似ている。本業と違う大規模事業を多くやり、誰も責任を取らない。市の責任は民間より重い」と指摘。「日航再建に尽力した経験を生かし、相模原を変えていける。情報公開し、納得のいくお金の使い方をしよう」と呼び掛けた。

 途中、大学生たちと手を広げて飛び立つようなしぐさの演出も。「しがらみも政党も団体もないからこそ、改革できる。方向性を変えていくので私の『飛行機』に乗ってください。目的地は最も幸せな最高の町です」と結んだ。(西岡聖雄)

<略歴>(元)市議・日本航空機長▽明大

◆加山俊夫(かやま・としお)さん(74)無現<3>

 大きく発展する都市に

 緑区の橋本駅前で第一声に臨んだ加山さんは「国内の人口が減少し、少子高齢化が進む中、相模原が大きく発展するか、埋没するかを選ぶ選挙だ」と切り出した。

 「百四十三の企業を市内に誘致、一万人を超える雇用を創出した」と三期十二年の実績を強調し、「未来を担う市民が夢や希望、誇りを持てる街づくりに徹する」と述べた。また同駅には、二〇二七年にリニア中央新幹線の新駅が開業予定で「中心地がなく知名度が低いといわれてきたが、日本を代表する都市として発展するチャンスが巡ってきた」と語った。

 新人三候補については「政策的な話を発表していない。市の取り組みを止めるような、まやかしの声だ」と批判。「リニアなどのビッグプロジェクトを生かして、発展を続ける都市になるよう頑張りたい」と支持を求めた。(鈴木弘人)

<略歴>市長(元)市助役・都市部長▽東京経済大

◆八木大二郎(やぎ・だいじろう)さん(55)無新

 交通インフラの整備を

 中央区の選挙事務所近くで第一声を上げた八木さんは「この十二年で市の財政状況は最悪になった。長期多選を今こそ、市民の総力で止めなければいけない」と主張。現市長の三期にわたる市政運営を強く批判した。

 美術館の二館建設や市役所の相模原駅前への移転の計画について「必要と思えない」「誰が喜ぶのか」と反対。「現市長は公共施設の使用料を値上げする一方、自らのボーナスをアップさせている。財政構造改革を成し遂げるには、新しい血を入れて市政を検証すること」と語気を強めた。

 そして「超高齢化社会に必要なのは交通インフラの整備」と、細い道にも入れる小型バスを市内くまなく走らせる構想を提案。子育て環境充実のための保育士の待遇改善、中学校給食の共同調理場方式導入、給食費の段階的な無料化を進める考えを掲げた。 (吉岡潤)

<略歴>(元)県議・市議・城山町長・町議・町職員▽明大院

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報