東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

プロの演奏バックに歌う 合唱団の参加者を募集 川崎市で8月「あさお芸術のまちコンサート」

昨年行われた「あさお芸術のまちコンサート夏のハーモニー」で歌う子どもたち(コンサート推進委員会提供)

写真

 川崎市麻生区の「あさお芸術のまちコンサート推進委員会」が、8月25日に麻生市民館で行う公演「夏のハーモニー」に出演する少年少女合唱団の参加者を、今月23日まで募集している。

 対象は麻生区在住に限定せず、小学2年から中学3年まで70人(多数の場合は抽選)。参加費用は1人2000円。区内在住のプロの演奏家を中心につくる室内アンサンブルが演奏し「カントリー・ロード」「シング」「ふるさと」「夢をかなえてドラえもん」「ありがとうの花」などを歌う。

 推進委員会の丸山博子委員長は「カントリーロードやシングを室内アンサンブルをバックに歌える機会はそうありません。子どもたちにプロの奏でる本物の音色に合わせて歌ってほしい。歌が好き、音楽が好きな子どもならだれでも参加できます」と、呼び掛けている。

 委員会は東日本大震災はじめ、各地の自然災害からの1日も早い復興を願って各種のコンサートを行っている。

 合唱団参加に関する申し込み方法や問い合わせは、麻生区地域振興課まちづくり推進係=電044(965)5116=へ。 (安田栄治)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報