東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<統一地方選>南足柄市 加藤さん3選 道の駅の建設 継続へ

支持者と喜び合う加藤さん(右)=南足柄市で

写真

 南足柄市長選は、無所属現職の加藤修平さん(70)が、共に無所属新人の元市議星崎健次さん(46)と不動産投資業諏訪部均さん(56)を破り、三選を決めた。投票率は57・17%(前回60・93%)。

 午前零時前に当確の知らせが入ると、市内の事務所は拍手と歓声に包まれた。駐車場に設けた特設会場で加藤さんは「国、県との信頼関係、きずなを強め、市民の願う政策を実現してまいります」と三期目の決意を力強く語った。

 選挙戦では「まちづくりにゴールはない」と訴え、市の借金を二期八年で六十億円減らしたことや学童保育の公設化、企業や特養老人ホームの誘致などの実績を強調。争点の一つとなった、来春開業予定の道の駅の建設は「中止すれば国や県などの信頼を失う」と訴え、理解を広げた。

 星崎さんは「道の駅は採算の見積もりが甘く、将来の負担になる」と反対論を展開したが及ばなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報