東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

学生らが語る 次世代の護憲活動 横浜で「鶴見平和フェスティバル」

憲法について語り合う登壇者=横浜市鶴見区で

写真

 憲法記念日の三日、憲法九条の大切さなどを訴える「鶴見平和フェスティバル」が、横浜市鶴見区の鶴見公会堂であった。

 十〜三十代の男女五人が登壇してそれぞれの憲法観を語り合うプログラムには二百人が聴き入り、次世代の護憲活動に期待を寄せた。

 区内の複数の九条の会などでつくる実行委員会が主催。護憲の立場を取る理由として、大学生の真島稜平(りょうへい)さん(21)が「武力行使をしないと定めた九条があるから、日本は国際的に信用されている」と話し、他の登壇者も「戦後になって日本が戦争に巻き込まれなかったのは九条のおかげだ」などと応じると、会場は拍手に包まれた。

 専門学校生の一ノ瀬歩香(あゆか)さん(18)は「与党のキャンペーンに流されて何となく賛成するのは危険。改憲の国民投票よりも、まず今の憲法への理解を深めることを優先すべきだ」と、自民党などが進めようとしている改憲の動きを批判した。

 平和の尊さを伝える上での課題は「戦争と平和という概念への実感が乏しく、若者の関心が高まらない」との認識で五人が一致。解決策として「軍事費に使っている予算を、学費補助に回せるなど身近な例に引きつける」「平和をテーマにした映画やアニメを見る」などの案が出た。

 最後に助言役の前川雄司弁護士が「皆さんは周囲との対話や体験の共有を通して、憲法の尊さを伝えてきた。これからも活動を続け、改憲を阻止していきましょう」と締めくくった。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報