東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

茅ケ崎市役所 華やかに 「アロハビズ」スタート

色とりどりのアロハシャツ姿で勤務する職員=茅ケ崎市役所で

写真

 茅ケ崎市役所で7日、職員がアロハシャツ姿で仕事を始めた。5〜10月のクールビズ期間を茅ケ崎らしく過ごそうという毎年恒例の「アロハビズ」。昼休みには1階ロビーでイベントも開かれ、華やいだ雰囲気が広がった。

 アロハビズは、冷房の使用を控えるなどして環境に配慮しつつ、暑い季節を楽しみ、商業や観光の活性化にもつなげようと2003年にスタート。市職員や市内の商業関係者らが好みのシャツに身を包む。

 市職員課の松谷絵美子さん(31)は「職場ががらっと明るくなり、またこの季節が来たという感じ。連休との区切りにもなり、気分をリフレッシュする意味でもいい」と話した。

 イベントでは、地元在住の歌手テミヤンさんがハワイアンミュージック調にアレンジした市歌や茅ケ崎の風景を表現した曲を歌い、「カロケメレメレフラスタジオ/トカリガ」の女性たちがフラを披露。市民らはアロハムードに浸った。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報