東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

江の島花火大会、今年は中止に 「安全の確保困難」

 毎年十月に藤沢市の片瀬海岸で開かれている「ふじさわ江の島花火大会」の実行委員会は、今年の開催を中止すると発表した。会場最寄りの小田急線片瀬江ノ島駅が改修工事中であることなどから「観覧客の動線を含めて安全性を十分に確保するのが困難」と判断した。来年は開催に向けて準備する。

 実行委事務局を務める市観光協会によると、同駅は江の島でセーリング競技が実施される来年の東京五輪に向けて改修しており、従来は八口あった改札が五口に減少。駅構内、周辺とも工事用にスペースを取られて狭くなっている。

 同時期にラグビーワールドカップが横浜市などで開かれ、警備人員の確保に影響が出ることも懸念。救急搬送も合わせて十分に対応し切れない恐れがあり、中止を決めた。

 約八万五千人が来場した昨年は開始間もなく雨が降り出し、早々に帰る客と会場に向かう客が同駅周辺に集中して、道路に人があふれる状況になった。今年は駅の改修工事も重なるため、実行委は一月から実施の可否を検討していた。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報