東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

水上の安全へ準備 横浜市消防局 部隊を統合し一丸

宣誓する藤田・水難救助隊長=横浜市鶴見区で

写真

 横浜市消防局は、船舶の事故や火災に対応する水上消防隊と、水難者の救助や捜索に当たる水難救助隊を統合し、水上消防救助部隊を発足させた。拠点の鶴見消防署鶴見水上消防出張所(鶴見区)で十三日、発足式があり、隊員は横浜港の安全確保に一丸となって取り組むことを誓った。

 寄港するクルーズ船の増加やコンテナ船の大型化が進む中、消防力を強化するのが狙い。四十五人の部隊となる。消防艇二隻と救助艇一隻、水難救助車一台を機動的に活用し、横浜港や横浜臨海部、鶴見川など河川での事故対応に当たる。

 これまでダイバーが所属する水難救助隊は中消防署本牧和田消防出張所(中区)内にあった。陸から離れた現場に向かう際、ダイバーは水難救助車で出動し、途中で消防艇に乗り換えていた。新たな部隊の発足ですぐに消防艇で出動できることから迅速、効率的に活動できるという。

 高坂哲也消防局長から隊員証を受け取った藤田昇水難救助隊長は「横浜に住む人や横浜を訪れる人に安全安心を実感してもらえるよう取り組む」と宣誓した。 (加藤益丈)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報