東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

仙石原彩る幻の青いケシ 箱根湿生花園で見頃

咲き誇る青いケシ=箱根町で

写真

 箱根町仙石原の町立箱根湿生花園で、「幻の花」といわれる青いケシ(ブルーポピー)が咲き誇っている。今月末まで楽しめる。

 ヒマラヤ周辺の高山に分布する希少種で、高温や無風に弱く栽培は難しい。現地では雨期に横や下向きに咲く。小さな青空を演出し、昆虫を誘うためともいわれる。標高六五〇メートルの同園は、関東で最大級の千株を植栽。高山の岩場に見立てた展示コーナーで公開している。今年は花付きが良く、直径十センチ前後の大きな花が多い。

 入園料は中学生以上七百円、小学生四百円(土日祝日は小中学生無料)。大野悟支配人(55)は「園で栽培している通年性のイチゴを使ったサンドイッチやパフェも人気」とPRしている。問い合わせは同園=電0460(84)7293=へ。 (西岡聖雄)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報