東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

日本丸改修へ2000万円寄付 「保存活用促進委」が横浜市に

林市長(左)に目録を手渡した上野会頭=横浜市役所で

写真

 横浜市が約六億円かけて約二十年ぶりに行っている帆船日本丸(西区)の大規模改修に使ってもらおうと、市内の経済団体などでつくる「帆船日本丸保存活用促進委員会」は二十日、二千万円を市に寄付した。

 同委は「帆船日本丸は市民八十三万人の署名で横浜に誘致が決まった」として三千万円を目標に市民らから募金を集め、これまでに百五人と九十九団体が応じた。

 委員長を務める横浜商工会議所の上野孝会頭は、市役所で林文子市長に目録を手渡し「市民が保存を手伝うことが重要。最終目標に到達するまで募金を続ける」と語った。林市長は「高額な寄付をいただき、感謝している」と述べた。

 大規模改修は来年の東京五輪前に終える予定で、船体部分は今年三月に終了。秋に船内の作業が始まる。 (加藤益丈)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報