東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

川崎に優勝トロフィーを ブレイブサンダースが来季へ抱負

福田市長(中央)を囲んで記念撮影する佐藤新ヘッドコーチ(右)ら=市役所で

写真

 男子プロバスケットボールBリーグの川崎ブレイブサンダースは二十二日、川崎市役所で、福田紀彦市長に今季の終了を報告した。来季ヘッドコーチに就く佐藤賢次アシスタントコーチは「優勝トロフィーを川崎に持ってくるために強いチームをつくる」と意気込みを語った。 (大平樹)

 今季はリーグ中地区で二位だったが、プレーオフ1回戦で敗退。来季からゼネラルマネジャー(GM)に就く北卓也ヘッドコーチは「期待に応えられず残念だ。GMとして違った角度からチームをサポートしたい」と話した。篠山竜青主将も「街で声をかけられることが当たり前になり、川崎に根付いているのを感じる。結果で恩返しする」と雪辱を誓った。

 福田市長は、市内の子どもから、メールや手紙で、バスケットボールをできる場所を求める要望が増えていることを明かし「Bリーグのプレーを見てやりたい子どもが増えている。すごくいい流れだ。来季も川崎を盛り上げてほしい」と激励した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報