東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

混雑時の江ノ電鎌倉駅 沿線住民ら136人、優先入場を利用

乗車待ちの長い列ができた江ノ電鎌倉駅前=3日、鎌倉市で

写真

 鎌倉市は、大型連休中の混雑時に江ノ電鎌倉駅で、沿線住民らの利用を優先した社会実験の結果をまとめた。乗車待ちの列に並んだ観光客らへのアンケートでは、約九割が理解を示す回答をした。

 実験は三〜五日に実施。改札の外まで乗車待ちの列ができる入場規制が発生した場合、あらかじめ申請して証明書を発行された沿線住民らは、並ばずに改札内に入れるようにした。

 証明書は、発行された二千八百十一枚のうち、三日に八十九人、四日に三十五人、五日に十二人の計百三十六人が利用した。利用によって、待ち時間は十二〜二十四分ほど短縮したとみられる。

 三日に行った乗車待ちの観光客らへのアンケートでは、回答した百三十二人のうち、実験を「理解できる」が六十七人、「おおむね理解できる」が五十七人に上った。 (北爪三記)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報