東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

小児医療費 助成対象を中3まで拡大 茅ケ崎市・10月から

 茅ケ崎市の佐藤光市長は二十九日、小児医療費の助成対象の上限を十月以降、小学六年から中学三年に広げると発表した。対象は約四千二百人増え、負担増は年約七千八百八十万円を見込む。本年度分約三千二百万円を盛りこんだ補正予算案を六月議会に提出する。 (吉岡潤)

 市は助成対象の上限を一五年十月に小学三年、昨年四月に六年と段階的に拡大してきた。四歳以上は所得制限があり、小学四年以上は一回の通院につき五百円を超えた分を助成する。

 平塚市の落合克宏市長も同日、小児医療費助成(中学三年までが対象)の小学生以上に設けている所得制限撤廃に向け、関連費約三百九十六万円を含めた補正予算案を六月議会に提出する考えを示した。

 対象は約三千五百人、負担増は年約八千五百万円を見込む。開始は「来年一月か来年度」としている。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報