東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

聖火、県内15市町リレー 箱根出発、赤レンガ目指す3日間

セーリング会場近くにある「弁財天と世界女性群像」=藤沢市で

写真

 2020年東京五輪の聖火リレーの通過市町村が1日に発表され、県内では横浜市や鎌倉市、箱根町など主要観光地を抱える15市町が選ばれた。セーリング(江の島)と野球・ソフトボール(横浜スタジアム)、サッカー(横浜国際総合競技場)の競技会場周辺も巡る。関係者からは「選ばれて光栄」と喜びの声が上がった。

 県内を通るのは来年六月二十九日〜七月一日の三日間。山梨県から引き継ぎ、千葉県に渡す。

 一日目は箱根町の箱根駅伝往路ゴール付近を出発し、四季の彩り豊かな大山阿夫利(あふり)神社(伊勢原市)がある大山を経て、相模湾沿いを東に進む。この日の目的地の藤沢市では、一九六四年東京五輪のセーリング競技開催を記念して設置された「弁財天と世界女性群像」がある江の島北緑地広場で、伝統芸能などを披露して聖火を迎えるミニセレブレーションを催す。

 江の島は六四年五輪でも聖火リレーのコースになった。当時、聖火ランナーの随走者を務めた鈴木恒夫市長は「今でもあの時の感動は心に残っている。再び聖火を迎え、未来への希望の火となるよう期待している」と話した。

 二日目は三浦市からスタートして県央地区に向かう。途中の鎌倉市では、外国人観光客にも人気を博す鶴岡八幡宮の敷地に入る。松尾崇市長は「聖火が運ばれる光景は、鎌倉の子どもたちにとって一生の宝物になる」と歓迎。同市を出た後は海老名中央公園(海老名市)でミニセレブレーションを行い、橋本公園(相模原市緑区)でこの日のリレーを終える。

 最終日は等々力陸上競技場(川崎市中原区)を出発し、横浜国際総合競技場と横浜スタジアム周辺を経由して、横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)を目指す。市の担当者は「横浜の街並みを代表する赤レンガ倉庫が選ばれ、良い締めくくりになる」と喜んだ。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報