東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

鎌倉市観光協 納涼うちわ 今年は「へちまの花」

今年の納涼うちわをPRする市川さん=鎌倉市で

写真

 鎌倉市観光協会恒例の「納涼うちわ」が完成した。今年の絵柄は、市内在住の日本画家片桐聖子さんが「へちまの花」を鮮やかに描いた。12日から約8500本を一般販売する。

 1977年から続く納涼うちわは、鎌倉ゆかりの画家や漫画家が絵柄を手掛ける。1本350円。「毎年買って集めている」というファンも多く、今年も既に約50件の問い合わせが寄せられているという。「2019ミス鎌倉」の市川優佳さん(19)は「今年のうちわは黄色が目立ってすてき」とPRする。

 販売は協会(御成町)で扱うほか、12〜14日午前9時〜午後5時にJR鎌倉駅東口にブースを特設する。電話やファクスでも申し込める。

 問い合わせは協会=電0467(23)3050=へ。 (北爪三記)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報