東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<財徳健治のマンスリーフロンターレ>ACL1次L敗退 アジアで力発揮できず

シドニーFCに勝利した川崎イレブン。決勝トーナメント進出はならなかった=5月21日、シドニーで(共同)

写真

 何だか、がっかり。日本で最強を誇るチームがアジアに出て行くと、まるで力を発揮できないでいる。

 いま一度、昨季を思い出すと、2位広島に勝ち点12差をつけ、最多勝利、最多得点、最少失点、最多得失点差の「4冠」のおまけまで付けたJリーグの覇者です。それも2連覇です。

 そうなれば、次はフロンターレのサポーターだけでなく、サッカーファンの多くが「日本で一番強いチームがアジアを制覇する」ことを期待します。クラブの目標もそこにありました。

 それが…。5月21日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)での1次リーグ敗退が決まりました。出だしのつまずきをばん回できないままに。初戦の上海上港とは89分にPKを献上して0−1の敗戦。第3戦の蔚山現代には追加タイムの91分にゴールを許して0−1。これが最後まで響き、勝ち点1差でベスト16進出を逃したのです。

 十分に分かっていたはずです。鬼木達監督(45)就任1年目の2017年、ACLでベスト8に。1次リーグで第1戦から4試合連続引き分けた勝負への執念が最後にものをいいました。翌18年は2連敗で始まり、意気消沈したのかその後も振るわず3分け3敗に終わったのでした。

 スタートがいかに大事かを身をもって知る監督と選手たち。それでも同じ轍(てつ)を踏むことになってしまいました。何とも悔しいことです。ACLでの戦績は、ベスト8が3度、ベスト16が1度、1次リーグ敗退が3度です。ここに「優勝」の文字が加わるのは…。

 Jリーグでは徐々に本来の姿を取り戻しています。もっとも開幕からしばらくは等々力競技場でなかなか勝てず、ホーム初白星が5戦目の湘南戦というもたつきはありました。その後も主力のDF奈良竜樹(25)、車屋紳太郎(27)やMF中村憲剛(38)、家長昭博(32)、守田英正(24)らが負傷などで戦列を離れる時期がありました。

 その間に、川崎ユースで育ち阪南大を経て入団2年目のMF脇坂泰斗(23)や同じくユース出身で3年目のMF田中碧(あお)(20)といった若手が自分の持ち味を発揮し、はつらつとプレーしているのは新しい発見です。

 苦しいやりくりの中で第5節から7勝3分けと負け知らず。首位・FC東京とは勝ち点6差の二位に。主力たちも復帰してきています。楽しませてもらいましょう。(スポーツライター)

写真

◆市が市民2000人招待 来月27日対大分戦

 川崎市は、サッカーJ1川崎フロンターレが7月27日に等々力陸上競技場(中原区)で行うリーグ戦に、市民1000組計2000人を無料招待する。申し込みは6月15日締め切り。試合は市制記念試合として行われ、対戦相手は大分トリニータ。上位チーム同士の好カードになりそうだ。

 市市民スポーツ室によると、市制記念試合への市民招待は2004年に始まり、今回で16回目。過去5年間は毎年定員を超える応募があり、V・ファーレン長崎と対戦した昨年は約2.7倍の倍率だった。ただ、1.7倍程度にとどまった年もあり、担当者は「どれくらいの応募があるかは読めない」と話した。

 応募多数の場合は抽選となる。市内在住の人に限り、中学生以下は保護者の同伴が必要。希望者は往復はがきで申し込む。問い合わせは川崎市市民スポーツ室=電044(200)2245=へ。 (大平樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報