東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「合葬型墓所」想定外の人気 高津・緑ケ丘霊園 12、20日、内覧会追加

 川崎市は、緑ケ丘霊園(高津区)に整備した「合葬型墓所」の内覧会の日程を追加した。これまで実施した内覧会に予想を超える参加者があり、12、20日にも行うことにした。

 合葬型はお骨を取り出すことができないが、費用の安さや市が管理することなどからニーズがあり、設けられた。7月に利用希望の受け付けを始める予定。

 市によると、実施された内覧会は5月27日と6月2日。参加者はいずれも最大180人とみていたが、27日は平日にもかかわらず360人、日曜となった2日は1066人だった。両日とも午前中から列ができたといい、担当者は「想定外の人気で驚いた」と話した。

 12、20の両日は午前9時〜正午に行う。いずれも事前申し込みは不要。合葬型墓所は霊園西側に位置し、JR南武線の久地駅から徒歩約12分、津田山駅から同約19分。

 問い合わせは、川崎市霊園事務所=電044(813)1182=へ。 (大平樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報